PEACE PIECE CUP、12月開幕します!

PEACE PIECE CUP、12月開幕します!

PEACE PIECE CUPの主催・運営をしております、一般社団法人PEACE PIECE 代表理事の高畑勝樹です。

(写真左が私です。中央は河合選手、右はPEACE PIECE幹事の高畑明希子)

 

当日までの間、イベントの詳細情報と併せ、PEACE PIECE CUPに関する様々な情報をこちらのブログで紹介させていただきます。

何卒、宜しくお願いします!

 

私は、本業のグラフィックやWEBのデザイナーとして、デザイン業で会社を経営する傍ら、このPEACE PIECEという団体を妻と共に運営しております。

PEACE PIECEではこれまで、震災後の東北に訪問させていただき、現地の子ども達と共に行うアート制作やものづくりによる心のサポートや、現地の地域振興活動へデザインで協力させていただくなどの活動に取り組んで参りました。

 

今回、河合竜二選手にアンバサダーとして多大なるご協力をいただき、サッカーとのコラボレーションによるチャリティーイベントを開催させていただく運びとなりました。

夫婦でサッカーが大好きなのですが、単にサッカーが好きなためにJリーガーをゲストに招いてイベントを開催、というわけではありません。

PEACE PIECE CUP開催に至っては、河合選手との出会いが大きなきっかけとなりました。

 

河合選手は、以前よりチャリティープロジェクト「MAKE THE FUTURE PROJECT」の立ち上げを始めとした、被災地への支援や児童福祉施設への支援、障害者サッカー普及の活動、AED普及の活動を行う松田直樹メモリアルNext Generationへの参加など、様々な社会貢献活動を行っておられます。

河合選手と出会い、会話を重ねお互いの活動や思いに共感し「一過性ではなく、末長く共に出来ることをやっていこう」という話になりました。

「こういった活動を生涯通してやっていきたいと思っていました」という言葉を聞いた時は、自分の好きなサッカーの世界にもこんな人がいたんだ…と嬉しくなったものです。

共通する思いを持った人との出会いは、活動を続ける勇気や原動力になるものです。

 

また、以前より活動に共感しており、PEACE PIECEとしてコンタクトを取っておりました「松田直樹Next Generation」さん。

偶然にも河合選手が理事に就任して驚きましたが、AED講習を通して大切な命を守ることをお伝えいただきます。

 

河合選手が信頼する天野選手も、河合選手と同時期に「松田直樹Next Generation」理事に就任した思いのある選手です。

サッカー選手であれば誰でも良いわけでなく、目的はチャリティーですし、思いのある人とやりたいですよね。

河合選手とのそういった話の中で、ご参加いただいた選手・団体の皆様です。

 

気持ちのこもった温かいイベントになるだろうと、今から楽しみにしています。

参加していただく皆様、当日は純粋にお楽しみください。

笑顔の生まれるイベントから、また別の場所で子ども達の笑顔が生まれる。そんなイベントを目指しています。

投稿者プロフィール

高畑 勝樹
高畑 勝樹
一般社団法人PEACE PIECE代表理事 / 株式会社FIVE POINTZ代表取締役
1981年生まれ 山口県出身

2005年、東京都多摩市のデザイン会社へ入社、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを開始。グラフィックからWEBまで幅広く分野を拡げ、教育関連企業のインハウスデザイナーと取締役の兼務を経て、2014年に独立。「デザイナーに出来る社会貢献とは」を模索し、妻と共に2015年より震災後の東北地方に訪問を始める。2016年「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。デザインやクリエイティブを活用し、活動する現地の遺族や町興しの広報などのサポートに力を入れている。赤十字救急法救急員・有資格。妻・明希子とのクリエイティブ・ユニット「SAMURAIZ」としても活動。壁画制作などに取組む。
Comments are closed.